業務用タブレットの役割

category01

タブレットを業務用に使えないか。

この問題を解決するためには、使わない理由を考えることにそのヒントがあります。

ビジネス用のタブレットの情報ならこちらで掲載されています。

スマートフォンを使いなれている人からは、タブレットはもっているけどあまり使っていないという答えが返ってきます。

ビジネスツールとして定着していないことにも原因があります。

すごく便利な産経ニュースに関する情報が満載のサイトです。

業務用のパソコンは、各自1台というのが通常です。
机の上には、パソコンは必ず設置されており、業務用としてはシステムに連動して業務をこなす道具となっています。



情報流出の恐れがあるので、個人として使用することには制限がかけられています。そこでタブレットの活用が考えられます。


ビジネスシーンを思い起こしてみますと、机のまわりには資料やメモが散乱しており、急に必要になった目的の書類がみつからないということがよくあります。
タブレットでこのような資料を管理してみてはいかがですか。紙ベースで保管していたのでは流出の恐れもありますし、パスワードでの管理を図れば安全な保管方法となるはずです。アイデアや重要なことは、瞬時に立ち上がることからメモアプリで管理すれば、重要事項のを忘れることもないはずです。

オンライン会議は、パソコンで行うものという意識があります。


持ち歩きを考えれば、WEB閲覧を含めてタブレットを利用すれば会議の資料を紙ベースで用意する必要がなくなります。


パソコンを業務にとりいれていった過程のこと考えれば、今よりもっと役割を担う部分は増えてくるはずです。

会社の秘訣

category02

タブレット端末は、スマートフォン全盛の時代において広く消費者に浸透しています。スマートフォンよりも大きな画面でスマートフォンのようにタッチパネル操作で直感的に操作ができ、同じOSが搭載されていれば、スマートフォンにインストールしているアプリを使え、各種データを同期出来ますので利便性が高いです。...

subpage

注目情報

category02

業務用でタブレットを使うケースとしては、在庫管理、生産管理など管理面での利用が考えられます。逐一、進捗状況を現場で管理できれば、適切なアドバイスをしていくことができます。...

subpage

会社の特徴紹介

category03

業務用タブレットの導入が、地方議会でも始まっています。経費削減のすすむなか、議会経費の削減も課題のひとつにあげられていました。...

subpage

最新情報

category04

ビジネスの現場では、タブレットに資料を映し出して情報を共有して会議を行ったり、電子媒体のカタログやパンフレットを映し出して顧客にプレゼンテーションをするなど、さまざまなシーンで活用されています。それらを実現するためには、既存のタブレットを購入して、既存のプレゼンテーションアプリを利用すると言う方法もありますが、この場合は、ハードウェア、ソフトウェア共に、あらかじめ用意されている範囲でしかカスタマイズできず、そこに合わせなければならないため、最大の成果を上げるためには、煩雑な操作方法を習得する必要がありました。...

subpage